ピルについて知りたい

ピルに興味はあるけど、よくわからないという方、ピルの処方が初めてという方はこちらもお読みください。

ピル処方を望む方の目的

ピルは、世界でも多くの女性が常用している薬の一つです。

  • 避妊
  • 婦人科系疾患の治療
  • 生理トラブル対応

などの目的で服用されます。

日本では「避妊」目的でのイメージが強いですが、

実際にはそれ以外の目的で処方される事も多く、正しく用法を守れば副作用も少ないので、安心して服用いただけます。

 

ピルの種類と効果・効能

ピルには、大きく分けて3種類あり、そのうちのどの薬を服用するかは、

目的や過去の服用状況などによって、病院でよく相談して決める必要があります。

低用量ピル(経口避妊薬)

卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が少量含まれています。

普段の避妊、ホルモンの調整、生理痛の軽減、ニキビ予防などに効果があります。

従来のピル(中用量ピル)に比べ、ホルモンの含量が少ないため副作用もほとんどありません。年に2回血液検査を行います。

中用量ピル

卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が含まれています。

月経移動(月経周期を変更したりコントロール)したり、卵巣の機能不全による無月経や不正出血の治療に使われる薬です。低用量ピルに比べ、長期間使用すると副作用も出やすいため避妊目的には使用しません。

緊急避妊ピル(アフターピル、モーニングアフターピル)

レボノルゲストレル(LNG)と呼ばれる、黄体ホルモン(プロゲステロン)と同じ作用をする成分が含まれています。

避妊に失敗した後、妊娠を予防する効果があります。(100%ではありません。)

3つの違い

内容 主な服用目的
低用量ピル 卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が少量

ホルモンの含量が少ないため副作用は少ない

普段の避妊

ホルモンの調整(生理痛の軽減)

ニキビ予防など

中用量ピル 卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)

長期間使用すると副作用も出やすい

月経移動(月経周期を変更したりコントロール)

卵巣の機能不全による無月経や不正出血の治療

緊急避妊ピル レボノルゲストレル(LNG)と呼ばれる、
黄体ホルモン(プロゲステロン)と同じ作用をする成分
避妊に失敗した後の妊娠予防

 

低用量ピルの種類

低用量ピルには、黄体ホルモンの種類やホルモンの配合率によりいくつか種類が分かれます。

ホルモンの種類とによる違い

黄体ホルモンの種類により第1世代ピル、第2世代ピル、第3世代ピル、第4世代ピルに分けられます。

ホルモン配合量による違い

ホルモン配合量が同じものは1相性ピル、配合比率が2段階に変化するもの(前半7日間よりも後半11日間はプロゲステロンの含有量の多くなる)を2相性ピル、3段階に変化するもの(生理的な月経周期のホルモンパターンに近づけたもの。)を3相性ピルと言います。

黄体ホルモンの種類 相性 特徴
第1世代ピル NET:ノルエチステロン配合 1相性 月経困難症に特化した治療用ピル
第2世代ピル LNG:レボノルゲストレル 3相性 服用中、子宮内膜が安定するため不正出血の頻度が低い
第3世代ピル DSG:デゾゲステレル 1相性 ニキビに対しての効果が高い
第4世代ピル DRSP:ドロスピレノン 1相性 超低用量化されているため、吐き気頭痛が起こりにくい

偽薬の有無

ピルは、基本的に、21日間服用し7日間休薬するという28日間周期で使用し、21錠シートと28錠シートがありますが、世代や相性に関係はありません。

21日用(1シート21錠)は、21日間服用し7日間休薬するという28日間周期で使用し、薬を休んでいる7日間の間に4~5日の軽い生理が生じます。

28日用(1シート28錠)は、21日分(21錠)のホルモンピルとホルモン剤の含まない偽薬7錠を含めて1シート28錠にしているもので、7日分の偽薬を含め毎日服用することで、飲み忘れを防ぐことができます。

低用量ピルを服用できない方

  • 生理が始まっていない方
  • 50歳以上、閉経後の方
  • 重度の高血圧症、血管の病変を伴う糖尿病の方
  • 手術前や術後の方
  • 重い疾患がある方(腎臓、心臓、肺)
  • 肝臓機能に障害のある方 など

よくある質問

Q.ピルを飲み始めてどのくらいで避妊の効果が出ますか?

A.飲み始めて1週間くらいで避妊効果が出始め、その後飲み続けていけば、避妊効果が持続します。

 

Q.いつから飲み始めればいいのでしょうか?

A.生理が始まって5日以内に飲み始めることが勧められています。 それ以外のタイミングでも飲み始められますが、病院で医師に相談ください。

 

Q.いつ飲めばいいのでしょうか?どのくらい飲み続けなければいけませんか?

A.毎日、時間を決めて、一錠だけ飲んでください。

飲む時間帯に指定はないので、ご自身の飲みやすい時間を決めて服用ください。

避妊目的であれば、避妊を希望する間は28日周期で服用を続けてください。中止したい場合は、1シートのみ終えたときにあわせて、中止するのが良いタイミングです。

避妊以外の目的の場合は、医師の指示に従ってください。

 

Q.飲み忘れた場合はどうしたらいいでしょうか?

A.飲み忘れから24時間以内の場合は、気づいた時点ですぐに1錠飲んでください。

次の分からは、いつも飲む時間に飲んでください。(その日は2錠服用することになります。)

飲み忘れから24時間以上が経過している場合は、病院に相談してください。

偽薬(プラセボ)の飲み忘れは問題ありません。

 

Q.ピルをのんでも生理は来るのでしょうか?

A.定期的に出血が起こります。

21錠タイプの場合は、21錠を飲み終えた、休薬の7日間の間に4日程度軽い出血があります。

28錠タイプの場合は、偽薬(プラセボ)服用中に、4日程度軽い出血があります。

 

Q.他の薬やサプリメントと併用してもいいですか?

A.お薬によりますので、必ず医師に確認してください。

 

Q.ピルを飲んでいれば、性感染症も予防できますか?

A.いいえ、ピルでは、性感染症(クラミジア、コンジローマ、HIVなど)を予防することはできません。

予防には、コンドームが有効です。もし、パートナーが性感染症に感染している場合は念のため婦人科を受診してください。

 

Q.ピルで避妊できる仕組みを教えてください。

A.普段、女性の身体は、自分の卵巣から卵胞ホルモン(エストロゲン)や黄体ホルモン(プロゲステロン)といった女性ホルモンを分泌して(+脳からの指令物質に卵巣が反応)、排卵や月経のコントロールをしています。

ピルにはそれら女性ホルモンが含まれていて、ピルを飲むと女性ホルモンが身体の中に入ってくるため、脳は自分の卵巣からそれら女性ホルモンを分泌しなくていいと判断します。その結果脳から排卵を起こさせる指令物質(卵胞刺激ホルモン、黄体形成ホルモン)が減少するため、卵胞は発育せず排卵が起こりません。

さらに、黄体ホルモン(プロゲステロン)の働きにより子宮内膜(受精卵が着床する場所)が十分な厚さにならず、着床をしにくくさせます。

さらにさらに、黄体ホルモン(プロゲステロン)の働きにより子宮の入り口の粘液が濃くなり、子宮内に精子が入りにくくなるのです。

まとめると、ピルを飲むことで、排卵と精子の侵入を抑え、もし排卵し精子が入り込んで受精しても、着床しにくくなっているため、正しくピルを服用されて居る限りは、妊娠しないのです。

(上記簡単な説明となっております。詳細をお聞きになりたい方は遠慮なく医師にお尋ねください。)

 

Q.ピルはどうやったら処方してもらえますか?

A.初めて当院を受診される方には、処方前に診察と説明などを行っていますので、まずは受診してください。

 

低用量ピルと、避妊リングのちがいについてはこちらでご確認ください。

避妊したい(低用量ピルと避妊リングの違い)

 

ピルの処方や費用については各ページでご確認ください。

低用量ピル、中用量ピル | アフターピル