尿が近い、出ない、痛い

尿が近い(頻尿)、残尿感

多い疾病:膀胱炎、過活動膀胱、神経因性膀胱、間質性膀胱炎、膀胱部痛症候群

当院を受診される方で一番多いのは、膀胱炎ですが、頻尿には、様々な病気が隠れている可能性があります。

通常、朝起きてから夜寝るまでの間に8回以上排尿する状態を頻尿といいますが、排尿回数は人それぞれですので、8回以下の排尿でもご自分で排尿回数が多いと思えば頻尿といえます。ご自身で、普段より、トイレが近くなったな、と不安に思った場合は、迷わずに当院又はお近くの泌尿器科を受診してください。

尿が漏れる(失禁)

多い疾病:腹圧性尿失禁、切迫性尿失禁、混合性尿失禁

咳やくしゃみをした時や、犬の散歩などの軽い運動中に尿が漏れてしまう方

トイレに行きたいと思ったら、我慢できずに漏れてしまったり、冷たい水で手を洗ったり、寒い所に出ると尿が漏れそうになったり、実際に漏れてしまうなど、最近尿漏れが気になるという方は、悩まずにご相談ください。

尿が出ない(尿閉)

多い疾病:尿道炎

おしっこが出にくい、勢いが弱い、尿が出はじめるまでに時間がかかる、尿をしている時間が長い。

女性は子宮がんや大腸がんの手術後や糖尿病などにより膀胱を支配する神経に障害が生じ膀胱の機能が低下する神経因性膀胱や、膀胱脱や子宮脱などのせいで尿道が圧迫されて尿が出にくくなることがあります。

尿意があるのに、出ない状態は不快でつらいものです。できるだけ早く当院又はお近くの泌尿器科を受診してください。

血尿が出る

多い疾病(痛みを伴うとき):膀胱炎や結石

可能性がある疾患(痛みを伴わないとき):腎・尿管・ 膀胱の腫瘍、内科疾患

痛みがある場合は、病院にかかる方が多いのですが、痛みがない場合は先延ばしにしてしまいがちです。早期の腫瘍であれば、内視鏡による保存的な治療も可能です。痛みがない場合も、出来るだけ早く当院又はお近くの泌尿器科をご受診ください。

下着が汚れる(分泌物がある)

多い疾病:膀胱炎、尿道炎

痛みがなくても、普段と違う下着の汚れが気になる場合は、膀胱炎や尿道炎の可能性があります。

悩まずにご相談ください。

排尿時に痛みがある

多い疾病:膀胱炎、尿道炎、腎盂腎炎(じんうじんえん)

膀胱炎の初期症状として現れやすいのは、頻尿になることですが、頻尿状態を放置していると、尿をしているときに、痛みが出てきます。また、さらにひどい場合になると、腰痛や発熱を伴います。

排尿時の痛みや違和感、またそれらに伴う腰痛や高熱が出た場合は、できるだけ早く、ご相談ください。

股に何か挟まっているような違和感がある

多い疾病:骨盤臓器脱(性器脱)

お産を何回も経験した女性が高齢になると経験することの多い疾患です。症状は、便秘や、違和感、なんとなく不快という程度で耐えられない症状ではないこともあり、受診をためらう方も多いのが特徴です。自然に治ることはなく、ひどくなると、出血を起こしたり、失禁などの原因にもなりますので、悩まずにご相談ください。

その他

上記にない症状でも、

健康診断で血尿を指摘された、膣に痛みがる、赤く腫れている、原因が思い当たらないのに下腹部に痛みがある、セックスしたいのに何らかの理由でできない(性交障害)なども扱っています。そのほか気になる症状がありましたらお気軽にご相談ください。

 

詳しくは、泌尿器科のページをご確認ください。