生理痛がひどい

生理痛(月経痛)について

腹痛、腰痛、吐き気、頭痛、食欲がない、憂うつ など、生理期間中に生じる病的な症状を月経困難症と呼び、

生理痛(腹痛)はその代表的な症状です。

月経困難症には、「器質性(続発性)月経困難症」と「機能性(原発性)月経困難症」の2種類があります。

器質性(続発性)月経困難症

子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)、クラミジア感染などの疾患が原因である月経困難症をいいます。

原因疾患の治療や、鎮痛剤や漢方薬での対症療法で経過をみる場合もあります。

機能性(原発性)月経困難症

子宮内の病気などが見当たらないのに、痛みが生じる生理痛のことをこのように呼びます。

生理に対する不安や緊張など心理的な要素が、痛みなどの症状を引き起こす場合もありますし、生理中・生理前後の「ホルモン」や「ホルモンに似た物質」の働きによる場合もあります。

このような症状は、生理が始まって間もない思春期の女性に多く、成長とともに軽くなる方も多いのですが、いずれ治まるからと言って辛い症状を我慢する必要はありません。

また、自分自身では原因が、「器質性(続発性)月経困難症」である場合との区別がつかないので、大きな病気の有無を確認する意味でも、重い生理痛が生じたら、迷わずに婦人科にご相談ください。

病院では、身体の状態を確認した後、鎮痛剤や低用量ピル、漢方薬等を用いて症状を改善させていきます。

 

治療の流れと費用については、下記ページをご確認ください。

月経異常(月経困難症・月経不順)、不正出血